日本で行われる葬儀

日本で行われる葬儀

命あるもの、いつかは死を迎えることになります。我々の先祖は、太古の昔から死というものを恐れ、宗教的に考え、そして死を身近に感じることで「生」を感じてきました。葬儀は現在も宗教的な行事として、私たちの近くにあります。
 
日本の葬儀の多くは仏式です。「お通夜」「葬儀」「告別式」、そして「火葬」という流れは、地域や宗派により違いはあるものの、聞き慣れた言葉でしょう。
 
しかし、これらの言葉に聞き覚えがあっても、なかなか葬儀におけるマナーを覚えることは難しいもの。「葬儀、マナー」「葬儀、アクセサリー」といった類いの単語を、多くの人がインターネット上で検索しています。
そう度々出席するものではありませんし、やはり不幸はあって欲しくないですから、葬儀のマナーなど知らない方が幸せという考え方もあるかもしれません。しかしそれでも死はやってきます。それも突然にやってくることがあります。そのような時のために、少しでも葬儀についての知識を付けておくことは無駄なことではありません。
 

日本の葬儀は古代の殯が起源

日本では、人が亡くなったその日の夜、もしくは翌日の夜に「お通夜」が行われることが一般的です。「お通夜」は、殯(もがり)という古代に行われていた儀式が起源とされています。この殯は、死者を棺に安置し、腐敗や白骨化が進むことで「死」という現実を受け入れることが、広い意味での目的なのではないかと考えられています。その証拠に、人々は遺体を前にしながらも別れを感じ、悲しみ、死を恐れながら祈り続けたのです。
 

葬儀の形、時代が変われば葬儀も変わる

一昔前は、お通夜はその名前の通り、遺族が遺体に寄り添い一晩を明かすというものでした。家族の一員が亡くなった後、お線香とろうそくの火を絶やさず、自宅で静かに思いを巡らせる家族の時間。それがお通夜の明かし方だったのかもしれません。
現在、一般的なお通夜の形は「半通夜」と呼ばれるものです。夕方の6時頃に始まり、長くても3時間程度で終わります。夜通し亡くなった家族のかたわらにいることもありません。ただ、これには火災防止という点で、斎場では一晩中火をともすことが難しくなったという事情があります。
愛する家族の死を目の当たりにした家族の気持ちに、今も昔も変わりはありませんが、時代の変化や人々のライフスタイルが変化していくと、それに応じて通夜を含む葬儀のスタイルも変化していくということなのでしょう。
 

現在、日本で行われている葬儀の形

人が亡くなると、日本でもっとも一般的な仏式葬儀では、お通夜から告別式までの流れを2日で終わらせます。現在はこの2日間かけて行う葬儀が主流なのは間違いないでしょう。ただ、日本における葬儀はだんだんと簡略化される方向にあり、最近ではお通夜を行わない「一日葬」で故人を送る家も増えてきています。その他、神道の神式葬儀やキリスト教の葬儀など、いくつかの宗教による、様式の異なる葬儀が行われています。
さらに最近は宗教や様式にとらわれずに自由な形で葬儀を行う「自由葬」も多く行われるようになりました。たとえばパーティー形式の「お別れ会」だったり、故人が音楽好きだった場合には「音楽葬」など、さまざまな趣向を凝らした葬儀が行われています。
こうした葬儀の場合、多くは家族や近い関係者だけで密葬をした後に、行われることも多いようです。芸能人などの著名人がなくなった場合には、このパターンで葬儀が行われることがひじょうに多くなりました。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与